アダルトエンタメ情報 セックスラボ

姉の部屋でバイブを見つけて欲情した俺…

姉との近親相姦物語

お尻を突き出している女性 俺には自分よりも三つ上の姉がいて
童顔で背の低く、一緒に歩いているとカップルに間違われる事も何度かあった。
身長は150㎝もなく、胸はCカップだ。
もちろん彼氏におらず、常に家にいる様な完全なインドア。
そんなある日、姉の部屋で二人でDVD鑑賞をしている時であった。
姉の携帯に着信があり、部屋を出た。
そして、寝転がりながらDVDを鑑賞しているとベッドの下に畳んでいる洋服。
その洋服の間には黒のレースの様なが…
何とTバックだった。
「こんないやしい下着履いているのか…」
など変な想像をしながら、それだけでは抑えれず
タンスの中まで見てしまった。
そこには夢の光景です。Tバックの他にも色々なセクシーな下着が沢山。
そんな姉の下着で興奮している時でした。
下着と下着の間から紫のバイブが出てきました。
この時、俺の頭の中は自然と壊れた。
「姉を独占したい」という変な願望。
神様のおかげなのか、この日は親は夜遅くに帰ってくる。
とりあえず姉とは二人時間があったので、姉が帰ってくる時を待っていた。
姉が電話を終えて部屋に帰ってきた瞬間、後ろから抱きついた。
「何するの!やめろ!」と抵抗する姉を無理矢理ベットに倒して
口をガムテープで塞ぎ、手足を拘束しました。
何も抵抗できない姉を見て興奮する俺。
そこで先ほど見つけたバイブといやらしい下着を見せて
「こんなエッチな下着に玩具ももってるんだ…」
と目を細めて問いかけると眉間にシワを寄せている姉。
たまらなくなった俺はズボンを脱がして下着姿の姉を舐めるように見渡した。
ブラを取ると小ぶりなおっぱいはポロリ。
完全に興奮しきっている俺は夢中でしゃぶりついた。
「んっ…あん…いや…」と喘ぎ始める姉に俺のチンコは爆発寸前でした。
「俺に舐められて感じているのか?」そう問いかけると
軽くうなずいた。
そして、ガムテープをはがして手足を縛っていたタオルを取って、再びキスをしました。
この時俺は確信しました。
姉は相当なドMという事に…
パンツにはエッチなシミがたっぷり付いており、おしっこを漏らしたようでした。
その後はシックスナインで愛撫して、挿入しセックス。
グチョグチョといやらしい音をたてながら
俺の射精感はマックスに達した。
「どこに出してほしい!言え!」少し強めに言うと
「中!中に出して!いっぱい出して!」
俺は姉の中に出してしまった。
チンポを入れたまま抱き合っていると
「こんな関係になるならもっと早くエッチな関係になってればよかったね」
と一言。
この日を境に姉とは頻繁にセックスをする関係になり、毎回中出しをする関係になりました。