アダルトエンタメ情報 セックスラボ

思わぬフェラテクに昇天

ベンチに座る女子校生

私は鹿児島県に住む30代の独身男性です。
同じ独身の友だちと暇な時に飲みに行くのですが、その友だちが急な出張で飲み会が流れてしまいました。
自宅でのんびりとDVDでも観ようかと思ったんですが、せっかくの空いた時間なので久々にデリヘル遊びをすることにしたんです。
鹿児島はデリヘルが充実しているのですが、私はそれほど遊び慣れているわけではありませんので、鹿児島のデリヘル情報サイトでお店を探しました
特にこだわりもありませんので、デリヘル情報サイトのトップに表示されたデリヘルに電話をして、フリーで女の子を予約したんです。
このデリヘルはフリーで60分1万4000ですので、いたってスタンダードなプレイ料金でしょう。
しかし、久々のデリヘルですので緊張してしまうもの。
ワクワクしながらラブホテルで女の子の到着を待っていました。

■気軽な気持ちでデリヘルへ

■茶髪でムチムチした女の子
そこでやって来た女の子は160センチほどで少しムチムチしたタイプ。
茶髪のセミロングヘアが印象的です。
特別可愛らしいというわけではありませんが、デリヘルでは平均点と言えるでしょう。
少しトークをしたのですが、当たり障りのない内容です。
久しぶりのデリヘルということで私はすぐにベッドへ誘導しました。
プレイが始まると実にスタンダードな流れで、キスや乳首舐めが始まったのです。
「まあ、こんな感じかな」などと思っていると、女の子がフェラチオをしてくれました。
ここで私は驚いてしまったのです。
今まで私が体験したフェラチオの中でもトップクラスのテクニック。
思わず発射してしまいそうになりましたが、ここで発射するのはもったいないでしょう。
私は必死に我慢しました。
■前の彼氏に仕込まれた
私は驚きのあまり、女の子にフェラテクについて聞いてみました。
「すごいフェラテクなんだけど、どこでみにつけたの?」
「実は前の彼氏にテクニックを仕込まれて」
なんと、この女の子の元彼は熱狂的な風俗マニアで、フェラチオに強いこだわりを持っていたそうです。
そんな彼氏が仕込んだテクニックですから、これだけ上手いのも納得でしょう。
その後に素股などもしてもらいましたが、残念ながらフェラチオほどの快感はありません。
そのため、私はもう一度フェラチオをリクエストして、そのまま口内発射でフィニッシュを迎えたのです。
これだけのフェラチオを体験してしまうと、ほかの女の子のフェラチオでは満足出来ないかもしれません。